信楽安心院
しがらきあじむ オフィシャルサイト

キャリアコンサルティング研究所
 

生産性改善,業務効率を上げるお手伝い
職場改善と働き方,キャリアを考えるサイト 

190514_タイトル図_08(blogs)

HOMEブログページ ≫ 学生が持つ環境対応能力が就活の成否に繋がる ≫

学生が持つ環境対応能力が就活の成否に繋がる

200313_Spring_06
学生が持つ環境対応能力が就活の成否に繋がる
 
今日(3/14)の東洋経済 on Line からです.
 
 コロナで就活が大変な人と苦にならない人の差
   出遅れた学生はリスクがどんどん積み重なる
 
コロナの影響がここまで長引くと経済活動はもとより,今が最も大切な時期である就活への影響は見逃せません.
 
どんな影響があるかと言うと,
 
<コロナウィルス問題が就活に与えるであろう影響>
 
1. イベント会社が主催する合同企業説明会の中止
2. 大学に訪問して開かれる個別企業説明会の中止
3. 説明会や選考の対面からWebへの置き換え
4. OB・OG訪問(ゼミ・指導教官への)の自粛

ただ,全ての学生にネガティブな状況ではないようで,3月1日の就活解禁時点で、内定を手にしている学生は
 
 15.9%(前年度:13.9%) → 今年は上がっている!
 
その背景にはインターンシップに依存した早期選考が進んでいることがあげられます.学生が内定を得た企業へのインターンシップ参加経験は内定企業の69.3%にもなり,ここで実質的な学生と企業のお見合いが行われているということです.
 
であるとすると,インターンシップへ参加しなかった学生,もしくはそれを就活に関連付けられなかった学生は,それがうまくいっていった学生との差が広がるわけで,その格差は年々大きくなるということのようです.
 
あとは,Web依存をうまく利用できる学生と,そうでない学生との差も広がるように思います.これは単にネットに精通しているか否かではなく,ネットを介した情報源を如何に上手に扱えるかの差です.
 
ネットを介した学生と企業を繋げるお見合いの場が昨今では多々出てきています.企業側からも積極アプローチしています.これを活用できている学生は国立の旧帝大クラスでは3割強,それに対して他大学では10%弱と,遅れがあるとのことです.多面的な情報収集ができる学生はどんどん前に進むのですが,できないと取り残されてしまう現実が広がっているようです.
 
旧来以上に学生の環境対応力と危機意識の差が顕著に就活の成否の差に繋がるということだと思います.コロナの影響一つをとっても,乗り切る学生の能力がその差を従来以上に広げてしまっているようです.
 
 
2020年03月14日 17:32

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

信楽安心院のホームページ
(2019年5月12日開設)

モバイルサイト

信楽安心院キャリアコンサルティング研究所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら