信楽安心院
しがらきあじむ オフィシャルサイト

キャリアコンサルティング研究所
 

生産性改善,業務効率を上げるお手伝い
職場改善と働き方,キャリアを考えるサイト 

190514_タイトル図_08(blogs)

HOMEブログページ ≫ カウンセラー奮戦記 ≫

ブログページ

第14回キャリアコンサルタント試験の合格発表

200419_Counselor_14B
第14回キャリアコンサルタント試験の合格発表
 
試験結果が金曜日(4/17)に発表されました.
 
 https://www.jcda-careerex.org/result.html
 
今回の第14回は小生が養成講座のスタッフ,甲府クラスを担当した関係上,試験結果が気になるところでした.
                                 
 皆さん,お疲れさま!
 
なかなか全員が合格とはいきませんので,結果は皆さんそれぞれかと? 合格された方もおられますが半分程度(全体で),惜しくもどちらか(筆記 or 実技)の試験を落とされた方も,気分一新,次のステージに向けて頑張ってください!
 
次回はコロナウィルスの影響で試験が11月と一回分繰り延べされているので,気分的には重いのですが,継続して勉強していただきたいと思います.大切なことは資格を取得することではなく,資格を取ってからどう活かせるか,資格の使い方が大事だと思います.
 
結果の良し悪しはさておき(いつかは試験に通ると思いますので,気長にいきましょう!),カウンセラーとしての今後を考える機会に繋げていただければと思います!
 
 
2020年04月19日 10:54

学生が持つ環境対応能力が就活の成否に繋がる

200313_Spring_06
学生が持つ環境対応能力が就活の成否に繋がる
 
今日(3/14)の東洋経済 on Line からです.
 
 コロナで就活が大変な人と苦にならない人の差
   出遅れた学生はリスクがどんどん積み重なる
 
コロナの影響がここまで長引くと経済活動はもとより,今が最も大切な時期である就活への影響は見逃せません.
 
どんな影響があるかと言うと,
 
<コロナウィルス問題が就活に与えるであろう影響>
 
1. イベント会社が主催する合同企業説明会の中止
2. 大学に訪問して開かれる個別企業説明会の中止
3. 説明会や選考の対面からWebへの置き換え
4. OB・OG訪問(ゼミ・指導教官への)の自粛

ただ,全ての学生にネガティブな状況ではないようで,3月1日の就活解禁時点で、内定を手にしている学生は
 
 15.9%(前年度:13.9%) → 今年は上がっている!
 
その背景にはインターンシップに依存した早期選考が進んでいることがあげられます.学生が内定を得た企業へのインターンシップ参加経験は内定企業の69.3%にもなり,ここで実質的な学生と企業のお見合いが行われているということです.
 
であるとすると,インターンシップへ参加しなかった学生,もしくはそれを就活に関連付けられなかった学生は,それがうまくいっていった学生との差が広がるわけで,その格差は年々大きくなるということのようです.
 
あとは,Web依存をうまく利用できる学生と,そうでない学生との差も広がるように思います.これは単にネットに精通しているか否かではなく,ネットを介した情報源を如何に上手に扱えるかの差です.
 
ネットを介した学生と企業を繋げるお見合いの場が昨今では多々出てきています.企業側からも積極アプローチしています.これを活用できている学生は国立の旧帝大クラスでは3割強,それに対して他大学では10%弱と,遅れがあるとのことです.多面的な情報収集ができる学生はどんどん前に進むのですが,できないと取り残されてしまう現実が広がっているようです.
 
旧来以上に学生の環境対応力と危機意識の差が顕著に就活の成否の差に繋がるということだと思います.コロナの影響一つをとっても,乗り切る学生の能力がその差を従来以上に広げてしまっているようです.
 
 
2020年03月14日 17:32

技術者争奪戦!

200102_Rugby_04
エンジニア争奪戦
 
今週の月曜日(2/10),日経新聞夕刊からです.
 
エンジニア争奪戦 活性化
  即戦力求め,中途採用も → 新卒が採れないので?
 
転職サービスのdodaで算出されている転職求人倍率
(=求人数/転職希望者数)は昨年12月で
 
  3.14倍(前月比:+0.33)
 
電気・機械エンジニアに絞ると
 
  5.27倍(前月比:+0.59)
 
新卒の争奪戦も大変ですが,新卒が採れないが故の中途採用もその争奪戦が激しくなっている印象です.
 → 技術者が総じて不足している感は強いですね!
 
これまで保守的だったと言われる日本の製造業ですが,地殻変動のごとく転職が活性化され,もはや一企業に長く勤める時代ではなくなったようです.
 
新卒と中途の採用比率はほぼ同じレベルになっているようです.これがさらに変わっていく,新卒通年採用も当たり前になりつつある昨今,人集めには苦労が絶えませんね(汗). → この大変さが身に沁みますね!
 
技術者争奪戦,大変な仕事だと思います!
2020年02月13日 21:28

売り手市場の企業セミナー

200220_JR_04
変わりゆく企業セミナー
 
最近の就活の特徴は 『売り手市場』 が極端になり,求人を出して人に来てもらう待ちの手法ではなくなりつつあること.世間一般に,求人側から積極的に学生にアプローチしていく手法を駆使しているようです.
 
地道な活動で学生に興味を持ってもらうことから始め,話しの中で興味を持ってもらえるようできるかです.
 
今しばらくは売り手市場が続くと,就活の実態もどんどん変わるんでしょうね?(汗).
 
 
2020年02月09日 16:58

東京大学安田講堂の学生食堂

200201_Todai_03
東京大学安田講堂の学生食堂
 
昨日(2/1),東京大学の本郷キャンパスで開催されたイベントに参加しました.
 → 学生との交流が目的です.
 
午前から夕刻まで企業の学生向けセッションがあり,昼食は学会側が用意してくれた昼食券(600円分まで無料)を使い,安田講堂内の学食で頂きました.予算内での喫食です.
 
東京大学には何度か来ていますが,喫食は初めてです.安田講堂内に入って驚き,超モダンな快適空間が広がっていました.外観からは予想できない建物のギャップに驚いたこともありますが,品数と味には更に驚き,学食とは思えない美味しさです(失礼).
 
定食のラインが空いていたので,鳥の生姜味と豚汁を頂きました(525円).これが結構おいしくて,豚汁は家で作ったものと同じくらい美味しい.この値段でこのお味,大満足です.
 
更にさらに驚いたのは2階のカフェにお酒が並んでいたこと,学生食堂でお酒が並んでいるのは初めて見ました.東大の学生は昼間から酒を飲んで勉強するのか(笑)?
 
これまでの国立大学は結構地味で,食堂なんかにお金をかけない,それが私立大学との差だと思っていましたが,その思い込みが間違っていたことを知らしめられた次第です.
 
最近,仕事が変わって,時期が就活に関わることから,大学に出向くことが多いので,こういった面白い体験をしています.学食,それは奥の深いものなのでしょうね...
 
 大学の学食体験記,これは面白テーマかも?
 
 
2020年02月02日 11:03

大学の枠を越えた学生の繋がり

200220_JR_05
大学の枠を越えた学生の繋がり
 
インターンシップで時間を共有する学生たちは,大学の枠を超えたグループになるようです.日本津々浦々,遠方から来ている学生は仲間意識をもって就活に臨んでいます.目標を同じくすることで結束力が芽生えるのか,企業側の視点以外に(学生たちの取り組み方次第ですが),より意義深いものになるようです.予期せぬ繋がりができるということです.
 
インターンシップの集まりを終えた学生たちは,飲みに行くと言っていました.楽しくやっている姿を見つつ
 
 青春やね... 昔を思い出します.
 
2020年01月24日 23:25

リケジョの就活最前線

200102_Rugby_03
注目されている 『リケジョ』
 
今日(1/19)は理系女子の就活セミナーを見せていただきました.
 
リケジョに着眼した就活セミナーに参加するのは初めてで,且つ,大都市圏以外ではなかなかお目にかかれなかったイベントですので,とても興味深いものでした.
 → リケジョは文系女子に比較するとキャリアビジョンを明確に持ち
   何がしたいかをはっきり言える学生が多かったことが印象的でした.
   こういった学生であればどこの企業でも欲しいと思います.
 
リケジョは採用する側から注目が高くなる傾向です.単なる採用という視点だけではなく,女子大生が就職してくれる会社は学生からそれなりに評価されていると言えるからです.
 → 女子が働きやすい会社 → 働き方改革が進む会社 → 入社したい!
 
参加者数は100名程度,参加企業は国内でも一流どころ21社,女子大生に人気のある会社は集客力も高く,会社説明資料は早々に無くなっていました.人気が無いと資料も減らないので,それが目に見てわかります(酷)!
 
学生がどんなことを考えて就職先を選ぶのか,いろいろな視点から教えてもらえた,とても勉強になった一日でした.
 
 
2020年01月19日 22:26

『計画的偶発性』が実を結ぶか?

200220_JR_06
人事異動は 『計画的偶発性』
 
人事異動で東京生活が始まりました.新しい仕事に順応すべく悪戦苦闘中です(汗).
 
意図的な希望による異動ではなく,自然にやってきた人事異動を受けた結果が今の自分です.
 → クルンボルツの 『計画的偶発性』 による流れそのもの
   これまでの学習成果が実を結んでいるような,無いような(笑)?
 
偶発的にこのブログの趣旨に直結した流れが訪れたようで,これまでのボランティア活動が業務に繋がった現在が不思議で,且つ面白いように感じています.人生はこれだから面白いのかもしれません?
 
さて,今日(1/18)もこれからキャリア関連イベント,明日(1/19)はリケジョにターゲットを絞ったイベントに参加します.基本的にこういったイベントは土日開催されることが多くなります.今後は,土日のボランティア業務は難しくなってしまいますが,それはそれでしょうがないですね!
 
東京に転勤して3日目ということもあり,寮生活環境はでき上がっていないまま,まずは枕が無い睡眠環境の改善が当面の目標です.
 → 明日の仕事が終わったら,枕を買いに行かないと...(汗,買えず)
 
 
2020年01月18日 09:54

その取り組み,こころに響いていますか?

191122_Christmas_01
地方の取り組み,学生のU・Iターン促すが…
 
今日(11/22)の山梨日日新聞からです.
 
 県内就職 先輩と語る(都内で24日)
  山梨県学生のU・Iターン促す
 
都内(新宿)で講演会が開かれるようで
 
 『先輩と語るやまなしでの仕事と暮らし』
 
山梨県は首都圏の44校と協定を締結しており,その一環で学生のU・Iターン促す活動を展開しています.今回の講演会もその一環,初めての試みでもあります.この背景には,県外大学に出て行った学生の多くが戻ってこない現実があるからです.
 → 都会は魅力的,若い人が求めるものがたくさんある?
 
山梨県が2018年3月に卒業した山梨県内出身学生のU・ターン就職率を調べた結果
 
 26.5%(2割台が長く継続,2011年~)
 
これに対して,山梨県労政雇用課はコメントしています.
 
 『山梨での生活を選んだ先輩の生の声を聴き,
   山梨で働く魅力を知って,具体的なイメージを持ってほしい!』
 
ただ,この活動がどの程度効果があるかはなんとも言えません.公務員になる,実家の家業を継ぐ等が目的であれば,山梨県内に戻って仕事を考えることができるのですが,多くの場合,学生は会社に就職するので,仕事の数ややりたいことを選べる環境が無くてはなりませんが,そんな学生を魅了する企業や仕事があるかです? 押し付けてもうまくいくものではないでしょうね!
 
山梨県が産官学連携で職環境の充実に取り組み,学生に魅力的な職環境を作っていかなければなりませんが,それができていない(一致団結感を感じない),案外ドライな立ち位置で多くの県民が静観しているように感じています.
 
受け側の学生は案外しっかり観察しています.表面的な活動でなく,学生の心を動かす活動になってこそ,初めて効果が出て来るように思っています.
 
 その活動,学生のこころに響いていますか?
 
 
2019年11月22日 06:51

キャリコン養成講座,後半戦始まる!

191116_Shaine_01
後半戦が始まるキャリコン養成講座
 
今日(11/16)からキャリコン養成講座(甲府)が再開です.前回が9月末,若干の期間を空けている理由は養成講座内の振り替え(欠席した講座を他のクラスで受講)で,全国の受講生が漏れなく全口座を受験できるようにしているありがたい配慮からだと思います.
 
とは言え,受講生もそうですが,1か月半空いてしまうと,気持ちも体も,緊張していた時に戻すのは結構辛いかもしれません? 今日と明日は,それなりの気持ちの切り替えが必要です!
 
さて,今日の講座はキャリア理論で,組織論をベースに提唱されているシャインとホールが取り上げられます.スタッフとしての参画ですが,講師の話がとても楽しみです.どういった流れで話が進むのか(興)?
 
シャインは『キャリア・アンカー』&『キャリア・サバイバル』がとても有名です.小生のこれまで学びの上でとても大きな影響を与えられています(勿論,とても良い意味で!).
 
ホールは『プロティアンキャリア』が代表的な提唱と言え,非常に憧れる生き方です.会社依存ではなく,自己達成感を重視した個の確立に重きを置き,これを自己概念の形成の核にする考え方です.正直なかなか実践できていませんが,定年後の働き方はこうありたいと常々思っています. 
→ 定年後のキャリアビジョン,セルフキャリアドックに関する講義内容も予定されています.
 
受講予定の講義は大変有意義な,興味深い内容ばかりで夕方までのまるまる一日は長いのですが,

 気合を入れよう!


 
 
2019年11月16日 07:40

信楽安心院のホームページ
(2019年5月12日開設)

モバイルサイト

信楽安心院キャリアコンサルティング研究所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら