信楽安心院
しがらきあじむ オフィシャルサイト

キャリアコンサルティング研究所
 

生産性改善,業務効率を上げるお手伝い
職場改善と働き方,キャリアを考えるサイト 

  • Title_36
  • Title_37
  • Title_38

HOMEブログページ ≫ カウンセラー奮戦記 ≫

ブログページ

最近の就業観,入社直後3年以内の就活が急増

191009_Bakuchi_01
入社直後の就活急増
 
今日(10/9)の日経新聞からです.学生との就活面談からも感じていたことではありますが,時代の変化を突きつけられた印象です.
 
 入社直後の就活再開 急増
  3年以内の転職登録3割増 キャリア早めに見直し
 
 『今の仕事に不満はないが,自分の能力を試したい!』
 
転職支援のマイナビワークスの情報では,20代向けサービスで,大学を卒業して3年以内の人が登録する数(転職希望者)が34%増,若手人材の流動化が進んでいる実態が見えているそうです.
 
かつての就活で『勝ち組』とされていた業種からの転職が相次いでいるそうです.→ これが昨今の特徴!
 
 銀行や大手商社からの転職希望者が増加傾向
 
この根底にある社会的要因は
 ・終身雇用や年功序列と言った日本型雇用の崩壊
 ・定年就業よりも,転職でのキャリアを積み上げ希望増
 ・人口減少による売り手市場が顕著化
 
それ以外の要因としては,就活の早期化が影響しているかもしれない?
 
 『思っていたよりも簡単に内定が取れた!』
 
自己分析が不十分な学生が,簡単だった就活に対して,気軽に退社する風潮が重なっているという見方もあるそうです.高望みできる可能性を感じつつ,再度の就活(転職)に臨む昨今の学生像が見え隠れしているように思います.
 
小生の経験からも,転職でのキャリアアップを目指して,起業セミナーに参加して相談に来てくれる20代がちらほら,目的はいくつかあります.しっかりした新社会人からの意見を聴くことができます.
 
・今の会社では給料が安すぎる,先が見えない.
・先輩たちを見ていて,この会社に居続けることに疑問
・自身の力を転職で再度確認してみたい
・転職で実家の近くにUターンしたい
 
日本型雇用が変化点にあることだけは間違いなく,今後のキャリアガイダンス(就活支援の場)では,学生たちからたくさん話を聴きたいと思っています.自身のカウンセラーとしてセンスを高めるためにも!
 
 
2019年10月09日 07:27

John Krumboltz博士が他界

190921_Pearents_02
計画的偶発性理論の呼称が変わっています!
 
この土日(9/28,29)にあったキャリコンの養成講座からです.5~6回目はキャリアカウンセリング理論,大御所のドナルド・スーパーから,その弟子とも言えるサニー・ハンセンの理論を再度聴講,何回聴いても奥が深く,分かっていたような自分への再発見があるように感じています.
 
実は講座で聴くのはこれで3度目,テキストやレジメの表記も改編されています.特にジョン・クルンボルツの理論の呼び名の変更
 → 計画的偶発性理論

2015年受講: Planned Happenstance Theory
2019年受講: Happenstance Learning Theory
 
講座終了後に理論名が変わった背景を講師に尋ねると,呼び名の独占使用権の問題らしく,ユング(?)の遺族関係者から使用権抵触の訴えがあり変更したとの噂です.
 
それ以外にも,そもそもが学習理論に基づいた提唱であることから Learning Theory を理論の呼び名にする方が適切である,そんな判断も働き,理論名が改名されたとの話もあるようです. → でも正直,前の呼び名の方がしっくりきます.
 
ところで,ちょっとした訃報を耳にしました.クルンボルツ教授が亡くなられていたとのこと,存じ上げておらず,ご冥福をお祈りする次第です.
 
<日本マンパワーサイトより>

 弊社のキャリアコンサルタント養成講座にもメッセージをいただいている
 John Krumboltz博士が5月1日にお亡くなりになりました(享年90歳).
 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

  2019年5月 株式会社日本マンパワーCDA事務局

  https://www.nipponmanpower.co.jp/cc/tps_details/SE5PM328/
 
 
2019年10月04日 07:11

インターンシップからの就活

190917_YBS_Guidance
インターンシップからの就活

 
今日(9/17)の山梨日日新聞,全面広告からです.
 
 山日YBS企業ガイダンス2021
  イベント11月からスタート
 
昨年までにない企業ガイダンスの運営になりました.実はYBS就活イベント担当の方からやり方を変える話は聴いていました.これは4年生を意識した就活だけでは学生が集まらない,既卒生の転職や3年生のインターンシップを強く意識しているようです.

 
直近の傾向分析から,4年生を対象に企業側から働きかけてもすでに手遅れ?採用の実績が上がらない企業側からの不満があると推察します.ガイダンス参加企業の中にも採用がうまく進まないことからイベントへの参画を見送るケースが出ているように思います.
 → それでなくても学生の目は首都圏に向きますから!

 
就活が進む学生は上手にインターンシップから押さえて進むべき道を明確化,就職先を決めていきます.就活が遅れる学生は4年生になってから知名度の高さや理想を求めた就活から開始,ガイダンスの際に目先の企業には興味を示しません.現実を知らしめられる時にはかなりの出遅れ感(夏が終わるころ?),多くの学生が内定取得している11月頃に現実的な就活が始まるようです?

11月への就活ガイダンスへの移行はこういった背景があると推察します.
 
先を見越した学生の就活は3年生(夏以降)のインターンシップから,単に給料の高さや福利厚生の良し悪しだけではしくじってきた先輩の声がとどいたのか? 目指す会社を実体験して判断する重要性に気付いた,昨今の賢い学生意識の表れと判断しています.

就活開始 = インターンシップ受け入れ先の模索
 
日本の就活もようやく実態に即した形になりつつある? そんな印象で就活ガイダンスの変化をとらえています.
 → 良い傾向に向かっているように感じています.

 
 
2019年09月17日 06:33

クライエント役の心構え

190912_Rodin_03
とても勉強になった,代表ロールプレイでの経験
 
昨日(9/15)のキャリコン養成講座からです.4日目は講座スタッフの常,宿命とも言える,受講生向けの代表ロープレをやります.
 → クライエント役で22分間でした.フィードバック込みで1時間強,受講生の方々からフィードバックを頂きます.
   なかなか良いフィードバックもあり,新たな気づきがありました.
   養成講座に参加される方々は志が高いことを再認識できます.
 
キャリコン講座はキャリアコンサルタントを養成する講座です.盲点として,意外とクライエント役の指導は受けないのですが,今回の講師の先生はクライエント役としての心構えも講座の中で教えておられます.これは新しい気づきでした.
 → クライエント役はどうすべきか? これまで教えを受けいなかったことに気付きました.
 
講義でのポイント,クライエント役が意識すべき点をまとめます.
 
・カウンセラーの役に立つクライエント役であることに徹する.
・話は短め,しゃべり続けない.カウンセラー役が話を入れられる間を意識する.
・意図性を持つような行為はしない(意図的に沈黙を入れるなど).
・リアルな話(架空の話ではなく),そうすることで真剣みが増す.
・オブザーバーにも興味を持ってもらえる真剣みがあればさらに良い.
 
代表ロープレで受講生の前でやるクライエント役は2回目でした.前回の神戸クラスでのクライエント役はしゃべりすぎてしまい,講師の先生には迷惑をかけてしまいました(詫).今頃になって自戒の念,今回の講師からの助言を先に受けておけばよかったと反省しています.
 
クライエント役は,どちらかと言えば聴いてほしい話を真剣にする,そのためにはバックグラウンドを説明する少し長めの話が必要では? ロープレの前半に話が続くのは致し方なしと思っていましたが,実はそうではない,カウンセラーを育てるためのクライエント役であれ,この意識が今までの自分には欠けていたように思いました.
 
学ぶべきこと,まだまだたくさんあります.自身のカウンセリングスキルもまだまだであることを実感,今後も学び続けていきたい,そんな気持ちになりました! 本当に勉強なります!
 
 
2019年09月16日 08:20

感情を捉えることの難しさ!

190915_Micro_Counseling
感情を捉えることの難しさ!

昨日(9/14)今日(9/15)はキャリアコンサルタント養成講座が2日間続く週末です.受講生でないので開講前準備はそれなりに忙しく,バタバタとせざるを得ませんが,講義が始まるとなんとか落着いて講師の話に耳を傾けることを許されます.
 → 同じスタッフ業務も,付く講師によって要求事項がかなり異なります.
   講師も十人十色,これは会社での人間関係と同じ,気持ちよく講義していただくよう,細心の注意を払います.
    → スタッフとしての参加であることの認識が肝要!
 
そんなスタッフ業務の最中に講義を聴けることはとても勉強になります.昨日の講義は アイビーのマイクロ技法についての復習でした.以前(国家資格になる以前)の講義に比べる,かなり力を入れて教えています.マイクロ技法はカウンセリングの基本と言える技法ですが,最終段階と言える積極技法は使い方を間違えると,カウンセリングの根幹が揺らいでしまうので,カウンセリングに慣れていない人が使うのは危険?恐らくですが,これまでの講座ではその点を配慮していたように若干軟らかめに教えていたように感じています.
 → 産業カウンセラーでは全く触れずに見過ごしだったと思います.傾聴を前面に出した教え方かと...
 
ここで復習,再認識できたのは 『感情を的確に押さえることの難しさ』,人は感情を表にあらわさないように教育されています.特に会社の人間関係はその典型,嫌な上司にもにこにこしなければならないのは,まさに感情を隠していると言う事,それが出世に繋がるのだから
会社人生は感情を如何に表に出さないかです!
 
怒り,腹が立つ,嫌いだ,嫌だ! そんな気持ちは会社では隠して生きて行かなければなりません.
 → これを露わに出すと査定も下がり,昇進もできません!
    感情を出す = 使いにくい人材 みたいな印象?
 
マイクロカウンセリングではこの捉えにくい感情の反映,クライエントの感情を的確に拾い,その感情を命名して,言い換えと併用して 『今ここ』 の感を指摘するように指導しています.感情の奥には心のメッセージが隠されています.
 
 感情の奥には心のメッセージ → 自己概念の影 = 意味の出現
 
これによって経験代謝が回ると言った考え方だと思っています.自己概念をクライエントに気付いてもらえるスキルは簡単には身につかない,経験を積み上げる必要があるんでしょうね! 小生はまだまだです.
 
感情を拾うことが難しいのは,『感情と思考』の切り分けをしなければならない点です.
 
 感情:仕事が嫌だ
 思考:仕事が嫌でも口にしてはいけない,仕事を続けないと生活できない!
 
何回講義を聴いても勉強になります.その都度に気づきがあります.そんな講座を受講させてもらえる養成講座スタッフ業務は,とてもありがたいJCDAならではの教育制度と言うことで,自己研鑽に繋がります.
 
 今日も一日,夕方まで頑張ってきます!
 
2019年09月15日 07:32

インターンシップ型の就活が本格化

190822_YBS_19_06B
就活がインターンシップに直結する傾向強まる!
 
今日(9/4)の山梨日日新聞の全面広告(26面)からです.
 
 今シーズンは早い イベント11月からスタート!
  山日YBS企業ガイダンス2021
 
現段階で就活の対象学生が2021年3月卒に移行,今の4年生は終わりとの判断を下している企業側の意向が見えます.先日(8/22)の企業ガイダンスでYBSの就活イベント担当の方とお話しした際,これまでのやり方では学生を集めるのは年々難しくなっているとのこと.特に知名度が高いとは言えない規模の小さい企業では新卒採用は不可能に近くなっているようです. → 学生はどうしても大手指向が根強い!

 
そこで効果が出るのが 『インターンシップ』 からの学生勧誘,本来はインターンシップと就活を兼ねてはいけないと指導されており,理想論では切り離すべきとありますが,実態はそうはいかない? 欧米では長期(1か月程度)のインターンシップは当たり前で,インターンシップの感触から最終的な就職先としての行き先を決めることは普通です.

日本では政府や機関の指導がちょっと偏り過ぎて,ルールはできるけれど結局誰も守らない? 今回のインターンシップ主体の就活が広がっていることもそんな不整合を具体的に示しているように感じています.
 
娘の就活も決め手はインターンシップでした.目指す会社での実体験はやっぱり必要だと思います.
 → ミスマッチ,リアリティーギャップの緩和に有効!

山梨の就活はそういった流れなので,良い変化だと思っています!


 
 
2019年09月04日 06:50

経験代謝での 『意味の実現』

190901_Keiken_01
経験代謝での 『意味の実現』
 
3年ぶりにキャリアコンサルタント養成講座を受講しています.
 → 受講生ではなく,講座の運営スタッフとして参画
 
昨日(9/1)の講座では 『経験代謝』 の説明がありました.受講生にとってはすべてが新しい話ばかりですが,JCDA会員での活動を展開している我々にとっては変更点が気になるところで,経験代謝も進化しています.
 
ご存知の方も多いと思いますが,経験代謝の概念が導入されたのが2009年と意外に最近で,提唱者のJCDA立野会長が執筆されている『経験代謝によるカウンセリング』では我々が受講生として講座で教えていただいたものから変化している部分があります.
 
それが 意味の実現 の部分
 
なかなか文章では書ききれないのですが,これまでの『経験の再現』 からその経験に基づく自己概念に対して,『意味の出現』 を抽出,そこから意味を良い形として実現し,自身のより良いキャリア成長のための 『意味の実現』 とする,具体的な活動に繋げるイメージでしょうか,新たな矢印が1本追加されています.教科書の修正は次のバージョンだそうですが,レジメでは新たな表現に改定,立野会長の著書を反映する形に進化しています.この図はしっくりきます.
 
その他にもポイントはいくつかあり,立野会長の著書では図の特徴として 『人』 と 『経験』 が分離されていることを以前受講した研究会で立野会長からご説明いただきました.
 → 主観の客観視(それを経験を材料に具現化,難しい?)
この点については,講師からの説明はありませんでした.
 → いきなりは難しいので,養成講座では割愛しているのかもしれません?
 
常に進化し続ける理論体系は,学び続ける必要があることを改めて実感させていただけます.
ほんとうに,勉強になります!
 
2019年09月02日 06:55

3回目のキャリアコンサルタント養成講座がスタート!

190825_Harie_19_06
3回目のキャリアコンサルタント養成講座がスタート!
 
昨日(8/31)から始まった,国家試験受験資格を得るためのキャリアコンサルタント養成講座に3回目の参加となりました.
 
最初が2015年 → 資格取得のため
2回目が2016年 → 神戸クラスの運営スタッフ
3回目の今回 2019年 → 甲府クラスの運営スタッフ
 
初日のスタッフ業務はかなりハードです.会場設営やら,受講生の受付,講座担当講師との当日の段取り,その他いろいろと想定外のハプニングがどうしても起こります.事前にマニュアルを読んでいきはするものの,会場に行かないとわからないことが結構多いので,ハラハラドキドキでの初日でした.
 
運よく,大きなトラブルなく初日を終え,これから2日目の講座に臨みます.今回の参加目的は変わりゆく厚労省のキャリア支援体制の取り組みを肌身で感じ取ることです.特に 『セルフ・キャリアドック』 なる新たな取り組みが本格的にスタート,講師の指導がどう変わっているか? これを確認したいと言うのが目的のひとつです.
 
今日(9/1)2日目の講義は 『経験代謝』, 講師の方がどんな教え方をするのか,興味津々です!勿論,スタッフは受講生ではないので,受講生の快適な講義環境の構築を最優先に考えています.
 
今日も18:30までの長丁場,受講生の皆さんと一緒に頑張って講義に臨みたいとお思っています(笑)!
2019年09月01日 07:33

2020年度新卒向け,今年度最後の山梨県の企業ガイダンスに参加しました!

190822_YBS_19_06
2020年度新卒向け,今年度最後の山梨県の企業ガイダンスでの窓口相談
 
今日(8/23)の山梨日日新聞からです.

 昭和で山日YBS企業ガイダンス
  新卒者ら130人 情報収集
 
今年最後の2020年度新卒向け,今年度最後の山梨県の企業ガイダンスが開催され(8/22),小生も参加(JCDA山梨地区会として),学生向け相談窓口を担当しました.
 
 参加企業数: 52社
 来場者: 130名
 
相談に来てくれた学生は6名(男子:4名,女子:2名),各20分の話だとしても,ほぼ持ち時間いっぱいかかるので,アッと言う間の2時間半でした.学生の生の声を聴けるこの機会は大変貴重です.
 
企業側のねらいはインターンシップ向けの3年生と言うことでしたが,
 → 主催者窓口の方との話
4年生や既卒者の参加もそれなりにあったように思います.
 → 主催者側のねらいが必ずしも当たらない現実?
 
内定は採れているものの,公務員試験に向けた準備をしており,更なる高嶺を目指して活動を続けている4年生は多いようです.
 → 地方就職先としての公務員は高根の花!
 
山梨企業への転職を目指した既卒や転職希望者も多く,参加者の幅はかつてに比較して格段に広がっています.
 
次は2021年新卒採用向け企業ガイダンスが11月からスタート,業界研究とインターンシップの情報説明会が始まるとのことで,就活のイメージは完全にインターンシップありきに移行しているようです!
 
 
2019年08月23日 06:38

2年ぶり,キャリアコンサルタント養成講座甲府校_2019

190803_Deck_01
甲府でキャリアコンサルタント養成講座_2019
 
2016年に神戸校で担当して以来3年ぶり,8月31日から開催されるキャリアコンサルタント養成講座の甲府校運営スタッフを担当することになりました.現在準備中です.
 
自身が受講した養成講座を含め,3回目の講座受講,勿論,運営スタッフは受講生ではないので,受講される方々が快適に勉強できる環境を作ることが仕事,講座講師のサポートにも徹して,3か月に渡る運営をつつがなく終えることができれば理想です.

 1. 8月31日(土)この日は準備することが多いので大変!
 2. 9月1日(日)
 3. 9月14日(土)
 4. 9月15日(日)
 5. 9月28日(土)
 6. 9月29日(日)  10月はお休み期間
 7. 11月16日(土)
 8. 11月17日(日)
 9. 11月30日(土)
 10. 12月1日(日) 最終日は講座終了テストがあります!
 
とは言え,講座開講中は講師の講義に参加することができ,その内容はお金を出してでも聴く価値があります.運営スタッフのメリットは,補助業務とは言え,養成講座プログラムの聴講を認められていることです.
 
近年,『セルフ・キャリアドック』を厚労省が推奨,先日のJCDA_立野会長が提唱者と言うこともあり小生が資格取得した際にはなかった新たな概念を補助業務の合間とは言え再度勉強できることはありがたいです.
 
セルフ・キャリアドック制度(厚労省サイトより):企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき,キャリアコンサルティング面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて,体系的・定期的に従業員の支援を実施することを通じて,従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組みです.従業員の仕事に対するモチベーションアップや定着率の向上などにより,企業の生産性向上にも寄与することが期待されます.
 
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212450.html
 
ちょっと前から比較すると,個人毎へのキャリア支援が厚くなりつつあることを実感できる職環境が整えられつつあることに驚くとともに,定年後はこういった仕事に就ければと思っています.
 
特に,若い人の仕事への考え方が我々中年世代とは大きく異なる中で,仕事感の異差が今後は問題となるでしょう.
 
実際,小生も20代社員の申し出に戸惑うことが少なくありません.
 → 1週間の有給休暇を年に数回求められると,ダメだとは言えませんが,
   違和感がないと言ったらうそになります.また1週間休むのか....
 
仕事がメインだった我々の時代とは異なり,生活の中での一部でしかない仕事について,今後どう考えを切り替えていくか,中年世代にとっても難しい局面にあるように感じています.
 
 キャリコン講座ではこういった視点をどう教えるのか,
   大変興味深いことだと思っています.
 
 
2019年08月04日 08:53