信楽安心院
しがらきあじむ オフィシャルサイト

キャリアコンサルティング研究所
 

生産性改善,業務効率を上げるお手伝い
職場改善と働き方,キャリアを考えるサイト 

  • Title_36
  • Title_37
  • Title_38

HOMEブログページ ≫ ディズニーCEOが実践する10の原則 ≫

ディズニーCEOが実践する10の原則

200614_amazon_20_09
ディズニーCEOが実践する10の原則
(ロバート・アイガー (著), 関 美和 (翻訳) / 早川書房 )
 
スターウォーズ継承(買収でなく)が特に読みたかったところ!
 
本書が届いてすぐに読んだのが 『第11章 スターウォーズ継承』 です.新たなスターウォーズ3部作に加え,サイドストリー2作,ここまでに5本の映画が作成されていますが,そこまでの道のりが如何に大変だったかが本書を読めば分かります.
 
ルーカスフィルムの買収価格:74億ドル
最初の資産価値見積もり:37億5,000万ドル
 → マーベルより低い買収価格(40億ドル)は出せない
 → 40億5,000万ドルまでは出せる
 
ジョージ・ルーカスにとってスターウォーズは自身の分身,これを売る判断が如何に難しいことであり,ルーカスのメンタル面にどこまで配慮できるか,偉大な作品のファウンダーの気持ちをどう推し量るか,この重要性を著者のアイガー氏は以下のように述べています.
 
大きな買収案件の成否は
 → 一人の支配的な所有者との信頼を築けるか.
   個人的な要素にかかっており,誠実さが全ての鍵と言える.
 
ジョージは彼の遺産,つまり『我が子』がディズニーで大事にされるはずだと信じられなければ,スターウォーズを手放すことはできなかったのだ.
 
このプロローグとして,スティーブ・ジョブスからピクサーを買収した際に構築した信頼関係が布石としてあったことは周知ですが,それでも一つひとつの案件は布石を打てばどうなると言うものではなく,個々の難しさがあることは間違いありません.
 
成し得た大きな成果に対して,読んでいて感動しました.
 → ルーカス亡き後にもスターウォーズは続くからです.

 経験した人でないと言えない言葉には重みがありますね!

スターウォーズのファン層を含め,お勧めの1冊です.

 
 
2020年06月14日 11:18

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

信楽安心院のホームページ
(2019年5月12日開設)

モバイルサイト

信楽安心院キャリアコンサルティング研究所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら