信楽安心院
しがらきあじむ オフィシャルサイト

キャリアコンサルティング研究所
 

生産性改善,業務効率を上げるお手伝い
職場改善と働き方,キャリアを考えるサイト 

  • Title_36
  • Title_37
  • Title_38

HOMEブログページ ≫ ゴミを減らそう! ≫

ゴミを減らそう!

200701_Dust_01
レジ袋有料化の狙い,環境問題への啓蒙と捉えるべき!
 
7/1の日経新聞からです.
 
レジ袋有料化開始 
  コンビニ:3~5円,一部外食は無料
 
環境問題に配慮した取り組みですが,正直言って,山梨県では3年以上前からスーパーでのレジ袋は有料になっています.東京に来た3月にレジ袋を配られている実態には驚きました.東京では環境対策が非常に遅れている印象です.
 → ようやく東京でも始まった,そんな印象です.遅いよ!
 
あちらこちらで言われていますが,プラゴミにおけるレジ袋の割合はたったの2%でしかなく,レジ袋の有料化自体は抜本的な対策にならないことは周知です.でも,啓蒙の視点からはとても有効な施策だと思っています.
 → おカネを払ってゴミを増やすことには抵抗感がある人が多いはず,
   この発想は他のプラゴミ削減意識にも波及すると考えるからです.
 
山梨県の実態で言えば,多くの自治体が家庭用ゴミ袋を有料化しています.例えば甲府市であれば,甲府市指定のゴミ袋でないとゴミ回収してくれません.そうなると自宅でのゴミを減らそうと思うのが普通です.甲府の我が家では生ゴミは一切出していませんでした.
 → 生ゴミイーター生成器を購入,家庭用栽培に肥料化していました.
   実はこの取り組みは2004年から継続していました.
   残念ながら東京では断念,家庭菜園ができないことと,
   生ゴミイーター処理では臭いが出るのでご近所迷惑になると考え,
   装置は山梨に置いてきたからです.なので,ゴミが大幅増です(涙).
 
   更に甲府市では,プラスチックは分別することで資源化されます.
   毎週土曜日,燃料資源して再回収されています(2019年から)
 
コロナ禍で家庭ゴミが増えており,プラゴミも増えているそうです.こんな時だから,法律の縛りを起点としてでもゴミを減らし,我々の子孫にきれいな地球を残してあげたい,そう強く思うのです!
 → みんなで協力して,ゴミを減らしていきましょう!
 
プラゴミの分別再資源化,東京(人口の1/10以上の居住地として)の次のステップはここですね! でも,収集・運搬コストは莫大で,プラゴミの資源化だけでは元が取れない,これをどう解決していくか? ゴミ問題は一元的な対処ではクリアできない人類に課された大きな問題でもありますね!

 きれいな地球を目指しましょう!


 
2020年07月04日 11:08

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

信楽安心院のホームページ
(2019年5月12日開設)

モバイルサイト

信楽安心院キャリアコンサルティング研究所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら