信楽安心院
しがらきあじむ オフィシャルサイト

キャリアコンサルティング研究所
 

生産性改善,業務効率を上げるお手伝い
職場改善と働き方,キャリアを考えるサイト 

  • Title_36
  • Title_37
  • Title_38

HOMEブログページ ≫ 2年間の集大成、修士論文の提出 ≫

2年間の集大成、修士論文の提出

240120_修論_01
2年間の集大成、修士論文の提出
 
昨日(1/20)が修論提出日でした。

修論の提出がどのようにされているか、若い方々であれば当たり前のことも、我々アラカン世代からすると意外に知られていない?
その仕組みについてご紹介します。
 
レポート提出、出席、アンケート、教材配布、掲示板、そのほとんどはPC経由のシステム上で行われます。大学の学習支援システムで良く使われているのが
 
manaba AsahiNetの製品(東証上場企業)
 
LMS (Learning Management System)/ ポートフォリオ
 
使い始めは手間取っていましたが、2年近く使っているのでかなり慣れてきています。とは言え今の時代、これも当たり前か?
会社の手続きも、出向先の業務も、最近は全てシステム経由、そんな時代ですので、大学での作業がシステム経由であることは当然と言えば当然、珍しくもないかもしれません?
 
修論の提出はこの manaba と言うシステム上にPDFでアップロードして終了です。意外にあっさり終わります!
 
修論を書きあげるまではそれなりに苦労しました。
 → 11月くらいから書き出して、第1稿ができたのが
   1月7日でした、そこから大きく2回修正指示。
 
指導教員から何回も、何回も指導を受けて、その都度書き直してはまた修正、この作業がここまでに2往復ありました。
 → 修正論文は第3稿となります。
 
ただこれで終わりではなく、ここから論文審査に移ります。指導教官以外に二人の副査が付きますので、基本3人での審査となります(実質は指導教員の裁量が優先) → 3人から修正指示が出ます。
 
最終試験の口頭試問会は2/5に開催され、発表7分、質疑応答は8分の計15分です。その後論文の書き直し指示が出ますので、修正論文の提出が3/23、ここまで作業は続きます。修論の修正作業が終われば、めでたく修了となります。
→ 学位授与式は3/30の予定です。
 
論文審査までたどり着けば、学位がもらえないことはほとんどありませんが、長々と続く論文の修正作業にはそれなりの時間を要します。
 
これまでに修士論文は2つ(工学修士、修士(商学))、博士論文(博士(工学))を1つ取得しています。筑波大学からは修士(カウンセリング)の学位を頂ける予定、3つ目の修士、4つ目の学位取得となります。毎回の事ですが、莫大な時間をかけて、お金もそれなりに必要な学位取得ですが、それなりの達成感は味わえるので、それはそれで 良し? としています。
 
修論提出日(1/20)は午後から大学で受講する最後の講義になりました。講義終了後に同窓で軽く打ち上げ、昨晩は久方ぶりにアルコールが入りました。なのでちょっとばて気味? こうしているうちに、2年間の修士課程があと2カ月で終わりますが、そうなってしまうと少しの寂しさを感じています。
 
何事にも終わりがあると言うことですね(涙)!
 
 
2024年01月21日 18:52

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文