信楽安心院
しがらきあじむ オフィシャルサイト

キャリアコンサルティング研究所
 

生産性改善,業務効率を上げるお手伝い
職場改善と働き方,キャリアを考えるサイト 

  • Title_36
  • Title_37
  • Title_38

HOMEブログページ ≫ こころの科学 ≫

ブログページ

モチベーションを科学する!

210604_Consultant_10
モチベーション管理から開発へ
 
キャリア開発の考え方にモチベーションの考え方があり、
モチベーションには管理と開発があります。
 
モチベーションにおける2つの視点
 
  • モチベーション管理:モチベーションを組織の視点から管理・活用すること
  • モチベーション開発:モチベーションを一人ひとりの多様性で、
    個に見合った自分らしさに気付き、それを掘り起こして発揮すること
 
死ぬ前に人生を振り返り、
 
 自分のキャリアが輝いていたとの思いはどこから来るか?
 
それを考える時、
 
日々の目標達成や業績向上に打ち込んでいた時か?
 
目標とする業務上のポジションや報酬を得た時か?
 
自身が求める自己実現の形を達成できた満足感を得た時か?
 
  如何でしょうか?
 
業務上の出来事を死ぬ前の最後に言葉に残し
亡くなる人はいるのかということ、
最後の瞬間に何を考えて人は死ぬかです。
 
 「あの時、営業成果をあと100万円の伸ばしておければ、」
   そんなことを言い残して死ぬ人はおそらくいませんよね?
 
充実感は、業務を自分の仕事に変え、
それを通して自己成長できたこと、達成感や納得感を持てた時、
内面的なものである場合がほとんどだと思います。
 
モチベーション開発に話を戻すと、
内在的な満足度がモチベーションをより向上させると思います。
 
ここで最近言われるもう一つの視点、
 
OJT → OJD or OJC へ
 
OJT:on the Job Training(組織の視点からのコスト型教育)
OJD:on the Job Development(個人の成長を促す投資型教育)
OJC:on the Job Collaboration(個々人が相互成長を促す価値創造型教育)
 
人材育成には短期的なスキルや知識獲得も重要で、
これが従来からあるOJTの位置づけだと言われています。
これは組織の視点が強く、組織のニーズに沿ったコスト型教育です。
 
対して昨今、人材開発の視点からも注目されている
内在的な個人能力を伸ばす教育、中長期的な投資型教育であるOJD
そして価値創造型教育であるOJCに繋がっていくことが
理想ではないかと! この視点も内的心理に向かっています。
 
組織に貢献するキャリア形成から
自分自身の自己実現への満足感を重視した考え方に変化している!
→ これはプロティアンな生き方へのシフトでもあります。
 
モチベーション開発とはすなわち、生き抜く力の開発であり、
これを所属する組織に頼るだけではなく(利用はすればよい!)
自分自身の責任で達成することなのだろうと思います。
組織貢献は自己責任でのキャリア形成が大前提の
次のステップだと思います。
 
矛盾に満ち溢れる世の中に対して、
理不尽極まりない人間関係に対して、
予測不能な状況で生きて行かなければならない不安に対して、
 
それが組織に管理されるモチベーションから
自己責任で開発するモチベーションに変得ることで乗り切っていく、
そんな考え方が今後は必要になっていくと思っています。
 
でも、現実ではそれを阻む要因もたくさんあります。
明日はこの点を考えてみたいと思います。
 
2021年06月04日 22:59

家族心理学、システミックアプローチ

210521_Consultant_8
家族心理学、システミックアプローチ

家族の有り様は個人の有り様の単純積算では説明できない、
グループ全体の問題として捉える必要があります。
これはポジティブな側面を想像しがちですが、
必ずしもそうではなく、家族に引っ張られる過去のしがらみなど
ネガティブな一面も多分に含まれており、
これを心理学的なシステマチックな理解から取り上げるのが
『家族カウンセリング』という捉え方です。
 
心理学が対象とする悩みや問題の80%以上が家族などの
人間関係に関わるものだとも言われています。
 
日本における殺人事件の約半分は
家族や親族間で生じている事実もあります(驚)。

家族全員のカウンセリングは、元来はタブーとされていたそうです。
クライエントの中の家族でなければならないとの捉え方が、
旧来的な考え合方に根強く残っていたからです。
この考え方が変わってきたと言うことです。

家族を心理学的に扱う場合、心理学全体ではマイナーな
システム論を使うことが主流になっています。
 
家族システム理論
家族を一つのシステムと捉え、特定個人を対象にするのではなく、
システムを対象に心理療法を行おうとするもの、
問題の捉え方をシステム論的にすることであり、
物事を相互影響関係の中で捉えると言うこと。


家族の捉え方は諸説あります。
 
一般的には、家族の根幹は『夫婦』から始まります。
 → 家族とは夫婦とその血縁関係を中心とする集団

従って,家族は結婚から始まり,連れ添いがいなくなる
死別,離婚,この段階を経て終わるようですが、
これに先立つ親から独立した成人期から始まるとされます。
家族には6段階あり、個々の段階で発達課題を抱えています。

第一段階:若い大人の時期(独立した成人)
     親家族からの独立による心理的・経済的自立期
 
第二段階 新婚期(結婚~子供誕生前)
  夫婦双方がそれぞれ出生家族から物理的・心理的自立
  ひとつの統合体として夫婦システム(相互適用性)を構築していく.
   → 家族システムへの子供による影響は大きいのですが、
スタート地点である家族の根幹はやはり夫婦にあります。

第三段階 出産期,育児時期(子供が学童期)
第四段階 青年期の子供がいる時期(子供が思春期,自立への援助)
第五段階 子供が巣立つ時期、家族を夫婦二人システムに再構築する必要性
 
家族は発達して変わっていくものであり、各々の時期に発達課題を持っています。
家族形成以降の中核は子供に移りますが、
子供も親元を離れていくので、いずれは夫婦二人に戻ります。
 
これら個々の発達段階で達成すべき発達課題がありますが、
達成されずに積み残されてしまうと、
次の段階で取り組むべき課題が大きくなりすぎ、
システム全体で支障をきたす場合がある、それが家族としての問題です。
→ 引きこもり問題、第四段階から第五段階にうまく移行できない、
ここで家族としてのシステム障害が起こり、8050問題に派生します。
 
第六段階 老年期の夫婦、配偶者の死に遭遇する時期

配偶者がいなくなるとその人の家族は終わりを迎えます。
最近はこの終わり方が死別に加えて熟年離婚という形態も加わり、
個人に戻って長い単身生活を過ごす期間が増える人も少なくなく、
高齢者の引きこもりや孤独死と言った新たな問題に派生しています。

 昔は一般的だったサザエさんの磯野家、3世代の7人家族
 令和の時代ではほとんど見られない家族構成になっています。
 サザエさんの家族は典型的な家族の発達段階を再現しているように思いました。
 ただ、家族の有り様も時代で大きく変わっており、
その変化が個人の心理状況にも影響していることはあるように思います。

自身の人生もいよいよ後半戦であり、
結婚から30年以上を経て家族の有り様も大きく変わりました。
家族心理学なるもの、真剣に勉強しておく必要性を感じています(笑)。

 
2021年05月22日 10:35

ゲシュタルトの祈り

210520_Consultant_7
ゲシュタルトの祈り
 
平木典子先生の 『新版 カウンセリングの話』 を読んでいます。
カウンセリングの理論の復習をしており出てきたのが
ゲシュタルト心理学をゲシュタルト療法としたパールズの言葉です。
 → Perls, F.S, 1893 - 1970
 
この方が描かれたゲシュタルト療法の精神を表現した
『ゲシュタルトの祈り』、良かったので紹介します。
 
 
ゲシュタルトの祈り
 
私は私のことをする。
あなたはあなたのことをする。
私は、あなたの期待に沿うために
この世に生きているのではない。
あなたも、私の期待に沿うために
この世に生きているのではない。
 
あなたはあなた、私は私である。
 
しかし、もし、機会があって
私たちが出会うことがあれば
それはすばらしい。
 
もし出会うことがなくても
それはいたしかたないことである。
 
 
ゲシュタルトとは、ドイツ語で『全体』とか『布置』を意味し、
パールズは『人間は部分を集めた合計以上のもである』と言っています。
 
何を言っているかよく分からないと思いますが、
人間がゲシュタルトを作る存在だと言う大前提に注目して、
固定化した認知の変容により人間の障害を取り除こうとしました。
 
例えば有名な2枚の絵、幾通りかの見え方があるはずで、
どちらに見えても間違いではないのですが、
どちらも見える場合は認知が固定化されていないと捉え、
どちらかしか見えない場合は見えない他方を否定するのではなく、
自身を肯定しつつも他の見え方があることを認める柔軟性を養成する。
 → これをカウンセリングの指針にもできるわけです。
 
見え方(認知)が固定化されていることが人の障害に繋がっており、
これを取り除こうとするのがゲシュタルト療法の考え方です。
パールズはこのような精神を『ゲシュタルトの祈り』に込めたそうです。
 
非合理的な考え方(irrational belief)を
合理的な考え方(rational belief)に修正する
論理療法にも通じる考え方でもあります。
 
今の自分に見えている現実は本当に真実なのか?
違った見方は無いのか、あったとすれば何故見えないのか?
考え出すと頭がこんがらがってしまうのも心理学の面白さですね!
 
 
2021年05月20日 21:59

娯楽の力

210312_Soukei_02
たかが娯楽、されど娯楽、侮るなかれ、娯楽の力
 
今日(3/12)の日経新聞、
三浦知良さんの サッカー人として からです。
なんという説得力のある言葉なのか、胸に響きます。
 
 娯楽という名の力
 
極論を言えば、経済は娯楽で成り立っているということでしょうか。
通常の場合、娯楽に対してはお金を払うのが普通ですが、
それがプロのレベルまで極められると、
娯楽と言われることであってもやる方は見せる方々から
お金をもらうことができます。
これはスポーツ選手に限った橋ではありません。
 
 どんな娯楽にも人の願いが紐づいている!
 その願いや思い入れに応えるパフォーマンスは
 娯楽に留まらない力を帯びる。
 
その力は人を励まし、癒し、力を与えてきました。
東日本大震災時、色々な慰問団がいろいろなパフォーマンスで
被災地の人の心を癒しました。
 
 娯楽というと軽く思われるかもしれないけれど
 何であれ心に響くものの背後には、
 真摯でひたむきな仕事が隠れている。
 
そう、娯楽も仕事になり得るということです。
これが極めるということだと思います。
中途半端では人の心は動かせないとも言っています。
 
スポーツは力と力、わざとわざとのぶつかり合いであり、
これが故に人が殺し合うこと、戦争が納まった理由とも言えるのです。
娯楽の力はとても偉大なのです。
 
 
2021年03月12日 21:56

無難だけども響かない,顔が見えにくい今の時代?

201009_waku_02
無難だけども響かない,顔が見えにくい今の時代?
 
昨日(10/9)の日経新聞,三浦知良さんの 『サッカー人として』 からです.
 
お題は, 枠の中にとどまるな!
 
このコラム,久しぶりにかなりの共感度でした.

何故なら,今の時代,あれはだめ,これはだめ,あれはしてはいけない,挙句の果てにやってはいけない事例まで示され,ダメ出しの世の中で育つ人はやはり枠の中にはめられてしまい,思っていることが言えない,思いを抑えなければならず,だからメンタルが追いつめられるのかもしれない? 人間は感情の生き物だし,感情を抑えすぎる外的な抑制は,時には耐えられないほどのプレッシャーになっていると思います.『それ,ちょっと違うんじゃないですか?』 と言う言葉が出しにくくなっていることを感じる昨今です.
 → 若手女子プロレスラーの自殺や,最近で言うと竹内結子さんの自殺なんかもあったので...
 
 個性が出せない時代になっているのかもしれない?
 
 顔が見えない時代になってしまったのかな?
 
とても考えさせられたコラムでした...
 
 
 
2020年10月10日 07:46

家族のライフサイクルと中年の危機

200927_Family_02
家族のライフサイクルと中年の危機
 
以前,個人の発達段階とライフサイクルについて,エリクソンとレビンソンの発達論から議論したことがあり,ここに中年の危機なるものが織り込まれていることをご紹介しました.
 
この発達論には個人以外の要素として,家族の視点もあり『家族のライフサイクル』との関連性から,中年の危機にも繋がる要因となり得るようで,夫婦の危機(→熟年離婚の増加要因)も説明されています.
 
家族のライフサイクルで著名な平木典子さんの学説によると,その段階は7つあるとのことです.
 
第一期:独身の若い成人期(育てられた家族からの独立)
第二期:結婚による家族の成立期(新婚期~新たな家族の形成)
第三期:乳幼児を育てる段階(親の役割の発生~家族の新しい関わり構成)
第四期:小学生の子どもとその家族(親の役割の変化~外に開かれる子供の人間関係)
第五期:思春期の子供とその家族(子供の親離れ~中年期構築)→ 夫婦関係の危機
第六期:若者世代とその家族(夫婦関係の再編成)→ 熟年離婚の増加
第七期:老年期の家族(役割譲渡~人生の締めくくりへ)
 
中年の危機にはいろいろな原因があり,個人の成長過程における個人の立ち位置,例えば,職場での居場所,仕事のやりがい,人間関係など,これに加えて考えなければならないのが 『家族の関係性』 です.
 
家族の関係性は,自身が家族を作る前から始まり,親元からの独立が最初の一歩とあります.親との関係性が家族と言う視点では出発点になると言うことです.加えて自身も親になることで新たな視点が加わります.その親の役割も年齢を重ねると変化していき,言われてみると当たり前のように思いますが,この家族のライフサイクルの各段階で心理的な状態も変化していき,その変化を個人がしっかり受け止めていかなければならないと言うことです.
 
親にとっての子供の存在は,自身の親との関係性以上に大きく心理的に影響します.
 → 自身を振り返ってもそうだったと思います.
 
親から独立して,子であった自分が親になっていく段階で,気持ちの切り替えはそれなりに重要であり,その経験があるが故に人は成長していくのだと思います.
 
ただ,この経験をかつては多くの人ができたのですが,未婚率が上がる昨今,できずに人としての成長の機会を奪われているケースも多くなっています.晩婚化にも同じ問題が含まれています.中年の危機が家族心理学の視点からも影響を受けていることを,今さらながらに興味を持って考えていこうと思った次第です.
 
追伸,男性にとってのパートナーとの関係性,歳を重ねると力関係が逆転すること(女性が強くなる!)は多くの方が経験していることだと思います.この点が中年の危機とどう絡むか,今後具体化していきたい一つの興味ある視点だと思っています(汗).
 
 
2020年09月27日 16:55

幸福度が低い日本人の現状,幸せって何?

200905_Happy_03
幸福度が低い日本人の現状,幸せって何?
 
ちょっと前(9/4)の日経新聞に出ていた話です.
 
 日本の子 『幸福度』 最低水準
  ユニセフ38か国調査 自殺率など高く
 
子供の幸福度順位
   総合   精神的な幸福度
1 オランダ   オランダ
2 デンマーク  キプロス
3 ノルウェー  スペイン
 
20 日本    32 米国
21 韓国    34 韓国
 
36 米国    37 日本
37 チリ    38 ニュージーランド
 
日本の幸福度は,豊かな経済環境を考えると何故これほどまでに低いのか?
 
・身体的健康 → 日本は1位 医療・衛生環境は優れています.
 
ですが,
 
・生活満足度が低い
・自殺率が高い
  → コロナ禍で増えているそうです.
 日本の自殺率:7.5人/10万人, ギリシャ:1.4人/10万人
  → ギリシャは経済破綻したことで有名な国ですよね?
 
毎度思うのですが,幸福度は何によって決まるのか? おカネだけではないことは間違いありません.平和であって,生活水準が高くても,教育環境も整っていても,それでも幸福とは思えない日本人の現実.
 
外的要因以外のところが大きく影響しているとは思いますが,それがどういったところを修正していけばいいのでしょうか? 内的要因としては,人間関係,人とのかかわり合いや繋がりが大切だと思いますが,コロナ禍で厳しい状況になっています.なんでもオンライン,対面は危険と言われており,日本人特有の『飲みにケーション』もままならず,今年の飲み会回数へ激減しました.おかげで嫌な輩との無益な時間を過ごす必要は無くなり,我が家の支出も抑えられていますが,それで生計が成り立たなくなる人も多数出ていることも現実です.ストレス発散できる飲み会も正直あったので,ちょっと寂しく感じるところもありますが,家族での話の機会が増えたのは意外な収穫でした(笑).
 
そういう自分も幸福なのか,そうでないのか,幸福であるとの実感は無いのですが(汗),不幸とは感じていないので,これが幸せである証拠かもしれません.
 
 
2020年09月19日 09:09

人の行動はその人の限られた認知の範囲内でしか起こらない,だから外に出て行こう!

200829_Meiji_05
昨日(8/29)は日ごろの運動不足解消のために家内共々,明治神宮の散策に出かけました.
 → 総走行歩行数:10,000歩以上,その割に日影が多く歩きやすい!
 
明治神宮には何度も行っていますが,じっくり見たことは無かったかもしれません.本当は花菖蒲の咲く5月頃が良かったかもしれませんが,今年はコロナ禍で閉園になっていました.来年ですね... 令和二年11月1日,明治神宮は創建100年祭を迎え記念となる年になっていますが,コロナ禍で少し不安は残ります.

そんな昨日(8/29)の明治神宮散策での一場面です.コロナ禍での結婚式に遭遇,ちょっと微笑ましくなりました.花嫁さん,花嫁衣装の和服はやはり美しい... こんな時期だからこそ応援したくなります!
 
 これからが大変だけれど,頑張ってくださいねと!
 
街を出歩くことで,予想もしないことに出会います.それが昨日の場合は,コロナ禍での明治神宮の結婚式です.何かいいことに出会ったように気持ちが上向きになるのが不思議です.全く知らない方の結婚式ですので,何も感じない人も多いかもしれません?
 
勿論,偶然の出会いは良い場合もあれば悪い場合もありますが,同じ出来事を見ても感じ方ひとつで自分への影響は大きく異なります.出歩いてみないことには何も起こりませんし,その起こったことをどう捉えるか,この捉え方は非常に大事だと思います.
 
コロナ禍なので家の中に籠らざるを得ないとの考え方から,少し捉え方(考え方)を変えて,ちょっとした外出で楽しむ,ただし大前提はあります.コロナ禍で他人に迷惑をかけない施策であること.そんな施策で楽しみを模索することが必要な時期に来ているように思っています.
 
人の認知はその範囲が限られており,自身の行動はその限られた認知の範囲内でしか起こりません.これを広げるには動くことが肝要だと思います.
 
 『創造性は移動距離に比例する!』
 
ゴーゴーカレーの創業者,宮森宏和さんの座右の銘です(共感).全くもってその通りだと思いました.
 
 

 
2020年08月30日 10:57

カウンセリング心理学入門

200719_amazon_20_10
カウンセリング心理学入門
 (國分康孝著 / PHP新書)
 
2017年に一度読んだ本書ですが,再度読み返すと更なる気づきがありました!
 
本書は間違いなく 名著 です!
 
著者の國分康孝氏は国内カウンセリングの創始者と言える方で,カウンセリングをかじったことがある人であれば知らない人がいないくらい著名な方です.我々からすると雲の上の人です.でも,文章を読む限り,気さくな方のようで,それほど堅苦しい印象を持たないのは本書も同様な印象です.

カウンセリングをアート(スキル)としての必要性認めつつも,学問体系には含まれず,これを科学したものがカウンセリング心理学であるとの説明は納得でき,非常に分かりやすい説明だと思いました.また,臨床心理学が病理的パーソナリティー(神経症・性格傷害・精神病)の研究主体である治療(Cure)志向であるに対して,カウンセリング心理学が問題を抱えつつも健常者を対象にした問題解決や予防に焦点を当てる治療(Care)志向であるとの説明も分かり易く,自身の中では非常に腹落ち感があります.カウンセリングをさらに発展させたい自身には,とてもありがたい書籍でした.
 → カウンセリング心理学とは何かが明快に書かれています!

 人への接し方についても,系統的にまとめられています(実践版).

   ・職場における部下を育てる視点,
   ・教育における子供を育てる視点
   ・過程における夫婦関係の視点
   ・社会生活における人間関係を育てる視点

人間関係を作る3つの原則
 
 第一原則 人の気持ちが分かる
 第二原則 人を審(つまび)らかない
 第三原則 ギブ アンド テイク
  
人間関係に悩んでいる人にはかなり参考になると思います.
 
 
2020年07月19日 11:46

無くなった卒業式に思う,こころの切り替えが必要!

200319_Graduate_00
無くなった卒業式に思う,こころの切り替えが必要!
 
昨日(3/19)は,本当は娘の大学の卒業式でしたが,コロナウィルスの感染防止対策でなくなりました(涙).と言うことで,会社を休む理由がなくなり普通に仕事をして,昨晩夜中に山梨に帰宅しました.
 
今日(3/20)は祭日でお休みなので,これから車で大阪に帰ります.
→ 大阪自宅の改装が終わり内見
電車ではないので比較的安心して移動できます(汗).
 → でも,毎日の満員電車での通勤はどうなる?
   感染の有無は案外分かっていないだけかも(怖)?
 
卒業式は無くなりましたが,せっかくの記念日でもあったので,家族写真を撮ろうと提案していますが,子供たちの反応はいまいちです(涙).娘は無視です! 家族写真の大前提,そもそも卒業証書をいつ・どこで・どうやって? もらい方が分からない状況です(事務室で事務的に渡す?).→ 娘の連絡無精です!
 
今回の卒業式中止は都内に限られてはいないようで,山梨でも多く(全部?)の大学で卒業式が中止になっています.卒業式は単なる儀式(?)と言えなくはないですが,やっぱりけじめ(心の切り替え)をつけるためにはあるべきものだと思います.
 
子供のイベントを見送る親の立場からすると,絶対にあってほしイベントのように思っています.
 → たくさん投資しましたし(苦笑).
 
そんな思いもどこ吹く風か? 
娘に連絡しても音沙汰無し,気楽なものです.
 
 
2020年03月20日 07:50

信楽安心院のホームページ
(2019年5月12日開設)

モバイルサイト

信楽安心院キャリアコンサルティング研究所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら